素力で糖尿病を改善しよう

>

糖尿病は自分の努力で治療できる

主食やイモ類に注意しよう

お米や小麦類の炭水化物に、糖質がたくさん含まれています。
糖尿病になって食事制限をする際は、糖質が多い食事を控えなければいけません。
これまで通りの量で主食を食べていると、糖尿病が治りませんし、悪化する可能性が高いです。
全く主食を食べないのは辛いので、量を減らすのが良い方法です。
お米なら玄米にしたり、パンなら全粒粉パンにすると糖質を減らせます。

イモなどの根菜にも、糖質がたくさん含まれるので注意してください。
野菜なので、たくさん食べて良いと思っている人がいるでしょう。
しかし油断してイモ類を食べ過ぎると、食後の血糖値がどんどん上がってしまいます。
野菜を食べるのは悪いことではありませんが、イモ類は控えめにしましょう。

野菜を先に食べるルール

食物繊維が含まれる野菜を先に食べることで、その後に炭水化物を摂取しても血糖値が急上昇することを防げます。
また先に野菜をたくさん食べることで、お腹が膨れます。
すると主食である炭水化物を、食べ過ぎることを回避できるでしょう。
糖尿病になる人のほとんどは、これまで野菜をそこまで食べていなかった傾向が見られます。

生の野菜が、最も栄養が含まれています。
生野菜のサラダを、毎食追加してください。
自分で野菜を切るのが面倒だったら、スーパーやコンビニのサラダを買ってきても良いでしょう。
今はどこでも、カット済みの野菜サラダを入手できます。
帰宅時間が遅くて料理をする暇がない人は、そのようなカット済みの野菜サラダが重宝するでしょう。


この記事をシェアする