素力で糖尿病を改善しよう

>

食べ方を見直して治療する

ゆっくり食べるのがおすすめ

早く食べる人は、あまり噛んでいない傾向が見られます。
よく噛んで唾液を分泌させることで、血糖値の上昇が緩やかになります。
これまでの食べ方を振り返って、早く食べていたと思っていた人はよく噛むことを意識してください。
毎食、30分ぐらいは時間を掛けた方が良いと言われています。
みんなで、楽しく食事をすることも効果的です・

1人で黙々と食べていると、早く食べ終わってしまいます。
みんなで会話をしながら食べると、自然とゆっくり食べることができるでしょう。
家族と食事をする時間を合わせられるよう、努力をしてください。
食べ方を変えると、糖尿病の予防に繋がります。
まだ診断されていない人も、予防のためにゆっくり食べてください。

腹八分目を心がけよう

いつも満腹になるまで食事をしていた人は、改めてください。
食べ過ぎると、血糖値が急上昇するので糖尿病が悪化します。
腹八分目ぐらいがベストなので、食事の量を全体的に減らすこともおすすめです。
最初は物足りないと感じるかもしれないので、少しずつ量を減らしてください。
すると次第に、少ない量でもお腹を満たせるでしょう。

いつも少ない量では満足できないので、時々は好きなものをお腹いっぱい食べても良いと思います。
糖尿病を改善するためには、食事制限が必要です。
ですがガマンしすぎるとストレスが溜まるので、暴飲暴食の原因になります。
1か月に1度くらいなら大丈夫なので、無理をしない程度に食事制限をしてください。
それが改善するコツです。


この記事をシェアする